使用する際の注意|保湿力の高いワセリンが乾燥肌を劇的改善|美肌への近道
ハンド

保湿力の高いワセリンが乾燥肌を劇的改善|美肌への近道

使用する際の注意

クリーム

ワセリンと一口に言っても様々な種類があり、大きく分けて黄色ワセリンと白色ワセリンの2つに分かれます。黄色ワセリンは精製技術が低い時代に作られたもので、炭化水素類の混合物などの不純物が含まれておりお肌に使用すると副作用のリスクがあります。近年になって精製技術が向上し、黄色ワセリンに含まれる不純物を取りのぞいた白色ワセリンが登場しました。白色ワセリンの最大の特徴として挙げられるのが安全性の高さで、黄色ワセリンと比べて副作用が発生するリスクが非常に低いです。お肌に使用しても安全な白色ワセリンは、唇の乾燥を防ぐリップクリームやお肌の乾燥を防ぐコスメクリームの基材として幅広く使用されています。
白色ワセリンは安全性が非常に高いため、大人だけでなくお肌がデリケートな赤ちゃんや子どもに使用することも出来ます。しかし、極稀に白色ワセリンを使用して副作用の症状が発生することがありますので、副作用が発生した時はどのように対応すれば良いかを知っておきましょう。白色ワセリンにもごく微量の不純物が含まれており、そのような不純物に反応して発疹やかゆみといった副作用が発生してしまうことがあります。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんなどは少量の不純物でも過敏に反応して炎症を起こしてしまうリスクも有りますので、そのような場合は使用を中止して医師に相談するようにしましょう。白色ワセリンを使用して万が一副作用が出てしまった場合は、白色ワセリンから更に不純物を取りのぞいた商品なども発売されていますので、そのような商品を使用してお肌のコンディションを整えましょう。